2009年12月6日日曜日

雷と稲妻

雷(かみなり):音、
神々のなせる技、神鳴りに由来→ゴロゴロという音を表す

稲妻(いなずま):光、
稲が実を結ぶ時期によく発生した事から、稲を実らせる光と言う事でピッカと光る事を表したとされています
妻の文字は光によって稲が実を結ぶと考えられていたため、稲の配偶者の意味から用いられるようになったそうです