2009年12月14日月曜日

日本料理のお椀のフタ

日本料理店
料亭で椀物を出す際にフタにある工夫していた
その工夫で
誰も手をつけてない料理、見た目で分かる工夫
お客さんに対する、店の配慮
板前さんがフタにある事を行っている

お椀のフタに茶筅(ちゃせん)や霧吹きで水滴を付けている
フタを開けると水滴に手の跡がつく、開けたか開けてないかが分かる

自分が食べるのお椀を
食べる前に誰かが開けていると嫌がる人は多いはず
そこで、店側からお客さんに気持ち良く食べてもらうための配慮として行っている