2009年11月16日月曜日

服のフリルの元々目的

シャツの襟や袖にフリルを付けてがあり
シャツにフリルを付け始めたのは17世紀ヨーロッパ
元々はお洒落のためじゃないくて
自分が裕福であることを示す(しめす)ため
当時、布(ぬの)が貴重だった
沢山の布を使った服は贅沢
上着(うわぎ)を着ても目に付く、
襟や袖に多くの布を使い、裕福さをアピールしたのです。