2009年11月8日日曜日

十七世紀の犬の役

十七世紀頃の絵を見ると貴族の女性が犬を連れているが多い
十七世紀頃のヨーロッパの貴族の女性たちが
社交場はもちろん、
ちょっと外出する時でも犬を連れていた
その原因は
当時の貴族の女性にとっても
人前でのおならはもってのほか
おならが出てもごまかせるよう犬を連れて行った