2009年11月8日日曜日

歌舞伎の女形服装

歌舞伎で女性役を演じる男性が「女型」(おんながた)と言いますが
その女形の衣装にはより女性らしく見せるため工夫した。
袖を長めに仕立てるようにしています
しなやかな動きで女らしさを演出していても
男性の大きな手が出てしまうとやはり興ざめ(きょうざめ)です
そこで、手が隠れるように袖を長めに作って、露出する部分を少なくする事で
女性らしい小さく可憐な(かれん)手に見えるようにしている。