2009年11月7日土曜日

ごまかす

ごまかす:人の目を欺く(あざむく)こと
江戸時代、胡麻胴乱(ごまどうらん)と言うの菓子は通称胡麻菓子(ごまかし)と呼ばれ
転じて「ごまかす」と言う言葉が生まれました。

その原因は
胡麻菓子は見た目に反して中身がなく歯み応えがなかった
目を欺かれた、だまされたという印象が残る食べ物でした
外見だけで中身がない事が転じて
人を欺くような事を「ごまかし」「ごまかす」と言うようになった