2009年10月18日日曜日

日光〜三猿

日光有名の彫り物と言えばは東照宮の三猿〜見ざる、聞かざる、言わざる
実はこれは八つの彫り物中の一つだけ

一番左側から
1.子供が産まれた、母親は子供の未来を願っている
2.小さい時に悪い事を見たり、言ったり、聞いたりしてはいけない。素直な心のままの成長を表している
3.親元から離れて独り立ち座っているからまだ独り立ち直前
4.若い時は天を仰ぎ(あおぎ)見るように、夢を実現するよう努力すべき
  努力を怠る(おこたる)と落ちてしまうから、最後まで頑張り通せ
5.時に思い悩む事もあるが、慰めて(なぐさめて)くれる友人がいるものだ
6.恋に悩む年頃、ここを通って人は成長していくものだ
7.仲睦まじい(なかむつまじい)二人は結婚人生の荒波を二人で乗り越えていく
8.お腹が大きくなりやがって子供が産まれる

そして、一番に戻って人生が受け継がれていく事を表している(あらわしている)