2009年7月15日水曜日

HAPPY BIRTHDAY

世界一番有名な歌は「HAPPY BIRTHDAY TO YOU」

1893年に
アメリカケンタッキー州(Kentucky)に住むの二人姉妹
姉のミルドレッド・ヒル(Mildred Hill)が作曲
妹のパティ・ヒル(Patty Hill)が作詞
学校で使うの歌為に「GOODMORNING TO ALL」のタイトルを作りました。
歌詞は
Good morning to you,
Good morning to you,
Good morning,
dear children,
Good morning to all.
この時、GOODMORNING TO ALLはSong Stories of the Kindergartenので
版権が知恵財産に入れない。公有の歌になっている。

42年後、1935年Summy会社のPreston Ware Oremが勝手に、
最初の一つ音符を二つ分けて、「HAPPY」を歌安いようにして、
タイトルを「HAPPY BIRTHDAY TO YOU」に変更し
歌詞がHAPPY BIRTHDAYになってる。
歌詞は
Happy birthday to you,
Happy birthday to you,
Happy birthday dear (name),
Happy birthday to you.
そして、知恵財産に版権を登録した。2030年まで有効になってる。
1990年Warner Chappell会社がUSD 15,000,000.-でSummy会社を買収した、
その中でHAPPY BIRTHDAY は約USD 5,000,000.-の価値になっていた。

という事で
HAPPY BIRTHDAY TO YOUは誰の版権になってる?
HILL姉妹か、Preston Ware Oremか
結果は、
一つ説:
公有の歌と似てる歌に対して
一つ音符を二つになるだけは法律的には保護されないです。
Preston Ware OremがMORNING TO ALLと似てるのHAPPY BIRTHDAY TO YOUを作る時
HILL姉妹から許可をもらえませんでした。
そして、アメリカの1909年版権法律の基準で申告してません。
そういう訳で1935年の版権登録は無効の事になっている。